こんにちは骨董品の買取売却査定ナビです。今回は産業図案切手16円(穂高岳)〜500円(SL製造)の価値と相場について記載して行きたいと思います。なお、低額面の2円〜15円につきましては「産業図案切手2円〜15円の価値と相場」で掲載しています。

産業図案切手とは

産業図案切手

産業図案切手は「2円…農婦、3円…捕鯨、5円…採炭夫、5円…茶摘み、6円…印刷女工、8円…採炭夫、15円…紡績女工、16円…穂高岳、20円…植林、30円…郵便配達、100円…製鋼、500円…SL製造」が存在し、基本的には額面が高額になればなるほど価値が高くなります。

16円 穂高岳の産業図案切手の価値

穂高岳の産業図案切手です。額面は16円で他の産業図案切手と異なり横長のデザインとなっております。1枚あたりの市場での価値は500円〜1000円程度で下記のような50面シートになると15000円〜30000円程度の価格で取引される事があります。

20円 植林の産業図案切手の価値

植林の産業図案切手です。額面は20円となっており、一枚当たりの市場での取引価格は1000円〜1800円程度です。ただ、下記のような裁断エラー品や銘版付の品は希少価値が高く高額で取引される傾向があります(左下の裁断エラーは約12000円、右下の銘版付は約7000円)。

30円 郵便配達の産業図案切手の価値

郵便配達の産業図案切手です。額面は30円で1949年(昭和24年)に発行されました。状態にもよりますが一枚当たりの市場価格は1200円〜2500円程度となっております。他のシリーズ同様に下記のような銘版付きの10枚ブロックなども存在し、下記の10枚ブロックは市場にて約1.8万円で取引されております。

100円 製鋼(電気炉)の産業図案切手の価値

製鋼(電気炉)の産業図案切手です。産業図案切手の中でも希少価値が高い切手となっており、上記のような状態の良いものでは1枚当たり市場にて1.5〜4万円程度の値段で取引されることもあります。また、下記のような田型 銘版付は市場にて6万円で取引されており、業者による買取の場合も高額買取が期待できます。

500円 SL製造の産業図案切手の価値

SL

1949年(昭和24年)に発行されたSL製造(機関車製造)の産業図案切手です。産業図案切手の中でもっとも額面が高く額面は500円となっております。日本切手カタログの評価額は8.5万円と高額ですが、実際に市場での取引される価格は1枚、2〜3.5万円程度となっております。

産業図案切手の価値と相場まとめ

いかがだったでしょうか?製鋼(電気炉)やSL製造(機関車製造)の切手になると1枚あたりの金額が高く業者による買取の場合も高額買取が期待できます。今回の記事が切手の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

切手の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない切手、引っ越しや遺品整理で見つかった昔の収集品を売るなら満足価格!【スピード買取のバイセル】がおすすめです。切手鑑定の専門スタッフが多く専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料で全国どこからでも無料査定を利用できます!