こんにちは骨董品の買取売却査定ナビです。今回は産業図案切手の2円(農婦)〜15円(紡績女工)の価値と相場について記載して行きたいと思います。希少なものが多い16円〜300円につきましては「産業図案切手16円〜500円の価値と相場」で掲載しています。

産業図案切手とは

産業図案切手

産業図案切手は「2円…農婦、3円…捕鯨、5円…採炭夫、5円…茶摘み、6円…印刷女工、8円…採炭夫、15円…紡績女工、16円…穂高岳、20円…植林、30円…郵便配達、100円…製鋼、500円…SL製造」が存在し、基本的には額面が高額になればなるほど価値が高くなります。

2円 農婦の産業図案切手の価値

切手 切手

1948年(昭和23年)発行の農婦 産業図案切手です。額面は2円となっており、一枚あたりの市場での取引価格は50円〜100円程度とあまり価値は高くありません。一部価値が高いものが存在し、上記右のような印刷局製造の銘版付の場合、市場にて1000円程度の値がつく事があります。

3円 捕鯨の産業図案切手の価値

捕鯨の産業図案切手です。額面は3円で100面シートの場合、市場にて7万円〜10万円の価値で取引される事があります。取引価格の傾向としては100面シートは2014年頃は2万円〜4万円程度の価格での取引が大半でしたが現在では7万円〜10万円程度まで価格が上昇しています。

100面シート以外では下記のような印刷局銘版の全型目打の切手で5000円、一枚ごとの単品だと1枚600円〜1000円程度の価格で取引されております。

5円 採炭夫の産業図案切手の価値

採炭夫の切手は額面が5円と8円が存在します。5円額面タイプの1枚あたりの市場価値は300円〜600円程度、こちらも印刷局製造の銘版付の場合、値段が上がり、1枚2000円程度の価値になる事があります。

5円 茶摘み産業図案切手の価値

茶摘みが描かれた産業図案切手です。100面シートの場合15〜20万円程度で取引されることもあります。戦後の1949年に発行され額面は5円、1枚当たりの市場価格は1500円〜3000円程度となっております。下記のような状態の良い茶摘み産業図案切手の場合は価値が高く1枚当たり3500円、10枚ブロックで35000円程度の金額で取引されております。

6円 印刷女工の産業図案切手の価値

印刷女工の産業図案切手です。額面は6円となっており、1枚あたりの市場での取引価格は200円〜400円程度とあまり高くありません。こちらも銘板付の場合、価値が上がります。

8円 採炭夫の産業図案切手の価値

採炭夫の8円切手です。額面は採炭夫の5円切手に比べると大きいのですが市場での取引価格は低く、一枚200円〜500円程度で取引されています。

なお、採炭夫切手の特徴として5円、8円額面両方で郵便切手帳が数多く存在する事が知られています。これらは単体での切手よりも1枚あたりの金額が高額で取引される傾向があります。

15円 紡績女工の産業図案切手の価値

紡績女工の産業図案切手です。額面は15円と大きいのですが市場での取引価格は低く1枚100円〜200円程度の価値となっております。他の産業図案切手同様に一部で目打ちエラーなどが存在し、エラー品は価値が高いです。

産業図案切手の価値と相場まとめ

いかがだったでしょうか?産業図案切手の2円〜15円では5円額面の茶摘みが最も価値が高く取引されており、業者による買取の場合も最も高く買い取ってもらう事ができます。今回の記事が切手の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

切手の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない切手、引っ越しや遺品整理で見つかった昔の収集品を売るなら満足価格!【スピード買取のバイセル】がおすすめです。切手鑑定の専門スタッフが多く専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料で全国どこからでも無料査定を利用できます!