こんにちは骨董品の買取査定ナビです。今回は金重陶陽(かねしげ とうよう)の花瓶(陶磁器)の価値について記載して行きたいと思います。金重陶陽は岡山県出身の陶芸家で備前焼の陶工として初めて人間国宝となりました。

彼は当時、人気を失いかけていた備前焼を再興させることに成功し「備前焼中興の祖」とも呼ばれております。また、自らが優れた陶工であっただけでなく、多くの弟子を育て、その中から次々と人間国宝を輩出するなど備前焼の歴史上果たした功績は計り知れません。

金重陶陽 備前福寿文花瓶の価値と相場

花瓶

(画像引用元:オークファン)

巨匠 金重陶陽作の素晴らしい花瓶です。堂々たる扁壷形に「福寿」のキレのある文字が、 そしてバランスの良い細工耳が品格良くあります。 窯印は「土`」で、昭和5~15年頃の作品、2013年に広島県の業者によって販売され市場にて約66万円で取引されました。

人間国宝 金重陶陽 備前窯変壷花瓶の価値

花瓶

迫力と風格の感じられる、いつまでも見ていたくなる見事な窯変の景色の楽しめる存在感のある名品です。寸法は高さ 18.8cm 径 22.0cm 口径 9.0cmで金重道明識箱・漆塗り外箱付き二重箱仕立て、神奈川県の業者によって販売され市場にて約35万円で取引されました。

金重陶陽 備前花瓶 ト印 道明識箱付の価値

花瓶

桃山古備前への深い探求からその再興を成し遂げた功績から“備前焼中興の祖”と称され、1956年に国重要無形文化財保持者に認定された名工、人間国宝『金重陶陽』本人作、 備前花瓶 です。

古備前の雰囲気を漂わせる重厚な造りの中に掛かる美しい緋色が味わい深いです。サイズは高さ 18cm 径 11×10cmとなっており、底部に掻き銘(ト印)。金重陶陽の長男である金重道明の識箱付の逸品となっております。

こちらの作品は少し古いデータですが2012年に東京都の業者によって約14万円で販売され市場にて取引されました。

金重陶陽の花瓶の価値と相場まとめ

金重陶陽の花瓶(陶磁器)は価値の高いものの場合、市場にて50万円前後で取引されており、価値の低いものの場合でも市場で数万円程度の値がつけられております。

しかし、贋作(偽物)や模倣品も多く存在し、贋作(偽物)・模倣品の場合はほとんど価値はありません。今回の記事が骨董品の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

骨董品の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない骨董品、引っ越しや遺品整理で見つかった昔の収集品を売るなら満足価格!骨董品の買取【スピード買取.jp】がおすすめです。骨董品鑑定の専門スタッフが多く専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料で全国どこからでも無料査定を利用できます!